Top >  火災マメ知識 >  火災報知器の設置が義務付けられているアメリカの場合

火災報知器の設置が義務付けられているアメリカの場合

今回消防法の改正で、住宅用火災報知器の設置が義務化されました。
しかし、アメリカではすでに、住宅用火災報知器の設置が義務化されています。

そこで、アメリカの例ですが、住宅用火災報知器の設置が住宅火災の死者数の減少に役立ったのかを調べてみました。

結論から言うと、アメリカでは、住宅用火災報知器の設置が義務化されてから、住宅火災の死者数は減少しています。

住宅用火災報知器の設置率が94%になってから、死者が43%も減少しました。

ということは、住宅用火災報知器の設置は、住宅火災から身を守る方法として期待できるようです。

火災マメ知識

火災の原因や住宅火災による死者数など火災に関係するニュースです。
火災についての理解を深めましょう。

関連エントリー

建物火災による死者数 住宅火災の死者数 火災報知器の設置が義務付けられているアメリカの場合 火事がテーマになっている映画 出火原因


スポンサードリンク