Top >  火災の予防法 >  火災予防のポイント

火災予防のポイント

火災は、発生しないのが一番です。
ですから、しっかりと予防に努めましょう。

【タバコ】

火災原因の一番目が、タバコです。
寝タバコをしないようにしましょう。
また、灰皿の始末をしっかりしましょう。
火がしっかりと消えていない段階で、ゴミ袋に入れてしまわないようにしましょう。

【コンロ】

コンロからの出火も、火災原因のトップ3をしめます。
てんぷら油の火が引火するとか、コンロをつけたまま目を離したりしないようにしましょう。

【ストーブ】

ストーブの周りには、燃えやすいものを置かないようにしましょう。
また、ストーブでぬれたものを乾かすなど、引火の原因になるような行動はやめましょう。

【焚き火】

庭での焚き火も、出火原因のひとつです。
特に冬になると、乾燥して燃え広がりやすくなります。
周囲に、水を用意して、その場を離れないようにしましょう。
また、焚き火が終わったらしっかりと消火しましょう。

【電化製品】

火災報知器

たこ足配線など、電化製品からの出火原因です。
ワット数が多い電化製品をたこ足配線にするのは、やめましょう。
コンセントの中で、気がつかないうちに配線がショートしている場合もあります。

【放火】

残念なことに、放火も出火原因のひとつです。
特に、家の周りにごみなど燃えやすいものを置かないようにしましょう。
ごみは、ごみ収集日の朝に出すなど、放火されないようにしましょう。

火災の予防法

関連エントリー

火災予防のポイント 火災予防の心構え


スポンサードリンク