Top >  消火器の取り扱い方法 >  消火器を設置する時の注意点

消火器を設置する時の注意点

消火器の設置場所は、消防法施行令で規定があります。
規定どおりに設置しましょう。

火災報知器

以下、設置する際の注意点です。

・通行、または避難に支障がないところで、しかも使用するときに容易に持ち出せる場所に設置してください。

・床面から高さ1.5メートル以下のところに設置し、「消火器」標識をつけてください。

・消火器は、それぞれの防火対象物から歩行距離20メートル以下になるように、設置しなければなりません。

・高温の場所、湿気の多い場所、または腐食性のガスが充満するような所は、消火器の変質する恐れがありますので、適当な防護措置を講じてください。

消火器の取り扱い方法

消火器はどの建物でも設置してある一番身近な消火器具です。
しかし、普段の暮らしでは使ったことがない人が大半です。

あなたは、消火器の正しい使い方をご存知ですか?
緊急の時にあわててしまわないように、しっかり使い方をマスターしましょう。

関連エントリー

消火器の使い方@ 消火器の使い方A 消火器の使い方B 消火器の寿命・耐用年数 消火器を設置する時の注意点


スポンサードリンク