Top >  火災時の避難方法 >  避難のタイミングと方法

避難のタイミングと方法

○タイミング


出火から3分以内自分で消火できる限度です。

天井に火が移ったら、もう消火は不可能です。


消火ではなく、自分や周りの人の命を守ることを優先し、避難しましょう。

避難するときは、延焼を防ぐため、燃えている部屋のドアや窓を閉め、空気を遮断します。

○方法

避難する場合はお年寄り・こども・病人・障害者を優先しましょう。

服装や持ち物にこだわっている場合ではありません。一刻も早く火や煙の中から抜け出すべきです。


炎の中は一気に走り抜けましょう。
できれば頭から水をかぶり、濡れたシーツでからだ全体を覆い走りぬけると効果的です 。


煙の中を逃げるときは、できるだけ姿勢を低くして濡れたタオルで口と鼻をおおい、低く床をはうように脱出しましょう。
階段も同じように進みます。

室内なら壁づたいに、廊下なら中央を進みましょう。


ナイロン製の袋に空気を入れてかぶれば、1分半は呼吸ができます。

いったん逃げ出したら、再び中には戻らないことです。
逃げ後れた人がいるときは、近くの消防隊にすぐに知らせましょう。  

火災時の避難方法

火災の時の、避難方法を確認しましょう。
いざというときに困らないように、しっかりとマスターしましょうね。

関連エントリー

避難のタイミングと方法 こんな場所で火災に遭ったら 避難時に潜む危険〜煙〜 避難時に潜む危険〜パニック状態〜 避難後に行うこと


スポンサードリンク