Top >  火災時の消火方法 >  電化製品の消火方法

電化製品の消火方法

電気ストーブなど、電化製品が火災を起こしている時には、まずはコンセントを抜きましょう。
それが、不可能な時には、ブレーカーを落としましょう。

電気を止めてから消火しないと、水をかけた際に感電する恐れがあります。

消火器による消化の場合にも、同じようにブレーカーを落としてから消火しましょう。

火災時の消火方法

消火方法は、火の原因によっても違います。
何でも水をかければ、火が消えるわけではありません。
この章では、消火方法について詳しく見ていきます。

関連エントリー

油の消火方法 電化製品の消火方法 衣類の消火方法 焚き火の消火方法 カーテンの消火方法


スポンサードリンク