Top >  火災時の消火方法 >  衣類の消火方法

衣類の消火方法

衣類に火がついてしまった場合には、どうしたらいいのでしょうか?

そもそも、化学繊維などは火が引火しやすいので、台所での仕事など火を扱う時には身につけないようにしましょう。

では、衣類に火がついたときには、まず、近くに水があるときには頭から水をかぶりましょう。

近くに水がないときには、地面に火がついている部分を下にして、寝転がって消しましょう。
火の部分への酸素をなくすように、ごろごろと転がって、火を消しましょう。

とにかく、自分の身体に火がついたときにはあせってしまうので、あせらないようにすることが大切です。

火災時の消火方法

消火方法は、火の原因によっても違います。
何でも水をかければ、火が消えるわけではありません。
この章では、消火方法について詳しく見ていきます。

関連エントリー

油の消火方法 電化製品の消火方法 衣類の消火方法 焚き火の消火方法 カーテンの消火方法


スポンサードリンク