Top >  火災時の避難方法 >  避難時に潜む危険〜煙〜

避難時に潜む危険〜煙〜

瞬時に運動機能と意識,時には命まで奪う『 煙 』

火災で発生した煙に含まれるガスは、燃焼に伴う酸素不足と高熱で、人の思考力や判断力を鈍らせ、避難を難しくさせます。
また、一瞬のうちに体の機能を停止させ、中毒、窒息により死に至ることがあります。
火災報知器

煙は火災で熱せられると空気より軽くなり上昇します。
上昇した煙は、天井までのぼると横方向に広がります。
煙の量が増えると、床近くまで下がってきます。
廊下などを水平に広がる煙は、火元から遠ざかると冷却され、重くなって下降し、視界をさえぎるようになります。
煙の速さは、水平方向へ進む場合は1秒間に0.5から3m(人の歩く速さ)、垂直方向へ進む場合は3から5mになります。垂直方向では人の歩く速度より早いので、階段などでは特に注意が必要です。

だから以下のような行動が必要になるのです。

○煙を直接吸わない
→タオルやハンカチで口を覆う

○床すれすれに残っている空気を吸うようにする
→できるだけ低い姿勢をとる

○煙で前が見えない
→壁づたいに逃げる
 壁に手を当て方向を確認しながら避難する

○煙から逃げる
→下の階へ避難することが基本

火災時の避難方法

火災の時の、避難方法を確認しましょう。
いざというときに困らないように、しっかりとマスターしましょうね。

関連エントリー

避難のタイミングと方法 こんな場所で火災に遭ったら 避難時に潜む危険〜煙〜 避難時に潜む危険〜パニック状態〜 避難後に行うこと


スポンサードリンク