Top >  住宅用火災報知器 >  住宅用火災警報器とは?

住宅用火災警報器とは?

住宅用火災警報器とは、火災時に発生する煙・熱を感知して火災発生を知らせる警報機のことです。

平成18年6月1日から施行された消防法によって、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務付けられるようになりました。

設置が義務付けとなる対象は、戸建住宅・共同住宅(消防法令で火災報知設備の設置が義務付けられなかった建物)です。


新築・既存建物を問わず設置が義務付けられますが、既存住宅の設置は、平成20年6月1日以降になります。

新築 ⇒ 平成18年6月1日から設置義務化

既存住宅 ⇒ 平成20年6月1日〜23年6月1日までの市町村条例で定める日から設置義務化
(ちなみに、東京都では、平成16年10月1日から火災予防条例により、住宅用火災警報器の設置が義務化されました。)


住宅用火災報知器

住宅用火災報知器の種類・設置方法について説明します。
消防法・各市町村の火災予防条例で規定されていますので、しっかりと設置基準に沿ったものにしましょう。

関連エントリー

住宅用火災警報器とは? 住宅用火災報知器(火災警報器)の設置場所 住宅用火災報知器(火災警報器)の種類 住宅用火災報知器(火災警報機)の取り付け位置


スポンサードリンク