Top >  住宅用火災報知器 >  住宅用火災報知器(火災警報器)の設置場所

住宅用火災報知器(火災警報器)の設置場所

住宅用火災報知器の設置場所は、以下のとおりになります。

火災報知器

@寝室
いつも眠る部屋には、設置が必要です。
また、寝室でなくても子供部屋や老人のいる部屋にも設置が必要です。

A階段
寝室がある階に行く階段の天井または壁に設置が必要です。

B3階建て以上の場合
寝室がある階から、2つ下の階の階段に設置します。

また、寝室が一階のみにあるときには、居室がある最上階の階段に設置します。


Cその他
@ABで、火災報知器を設置する必要がなかった階で、就寝に使用しない部屋が5以上ある階の廊下に設置します。

住宅用火災報知器

住宅用火災報知器の種類・設置方法について説明します。
消防法・各市町村の火災予防条例で規定されていますので、しっかりと設置基準に沿ったものにしましょう。

関連エントリー

住宅用火災警報器とは? 住宅用火災報知器(火災警報器)の設置場所 住宅用火災報知器(火災警報器)の種類 住宅用火災報知器(火災警報機)の取り付け位置


スポンサードリンク