Top >  住宅用火災報知器 >  住宅用火災報知器(火災警報器)の種類

住宅用火災報知器(火災警報器)の種類

住宅用火災報知器には、「煙」を感知する煙感知器と、「熱」を感知する熱感知器の2種類があります。
今回、消防法で義務付けされたのは、煙感知器のほうです。

ただ、台所など住宅火災の火元になるところには、煙感知器の設置は義務付けられていません。
それは、魚を焼いたり、炒め物をしたりと、煙が多くでる可能性がある場所に設置すると、煙感知器の誤報が多発する恐れがあるからです。

そこで、義務ではありませんが、台所には熱感知器の設置が奨励されています。
熱感知器のほうなら、煙による誤作動はありません。

寝室等には、煙感知器、台所など煙の出やすい場所には熱感知器を設置しましょう。

住宅用火災報知器

住宅用火災報知器の種類・設置方法について説明します。
消防法・各市町村の火災予防条例で規定されていますので、しっかりと設置基準に沿ったものにしましょう。

関連エントリー

住宅用火災警報器とは? 住宅用火災報知器(火災警報器)の設置場所 住宅用火災報知器(火災警報器)の種類 住宅用火災報知器(火災警報機)の取り付け位置


スポンサードリンク